モンシロの環境への取り組み

 

モンシロの事業活動は、豊かな自然の恵みのもとに成り立っています。

事業活動が与える影響を十分に配慮し、将来にわたってこれまでと同様の環境を残し、次世代に引き継いでいく使命があると考えています。

モンシロでは、サステナビリティに向けての重点課題として環境面で「資源の有効活用・循環」と「気候変動への対応」、「生物多様性の保全」、「商品・サービスにおける環境配慮」の4つを軸に環境活動を行っております。

 

● monshiro Farm (モンシロ 自社農園)

 

 

モンシロの自社農園では豊かな里山の環境を活かして完全無農薬の作物を生産しています。多種多様なハーブと野菜、お花を育てコンパニオンプランツ(共栄作物)により農薬や化学肥料を一切使用せず、自然の力だけで植物を育てています。

里山に手を加えることで生き物が循環する生態系を整えて自然と共生する暮らしを実現します。

また、配送などに発生する炭素をカーボンフリーにする為の取り組みとして、農園内にO2Farm(酸素農園)を開設し、配送ごとに植栽することでカーボンニュートラルを実現しています。